2013年5月25日土曜日

人のふり見て我がふり直せ


マヤ暦から見る『相性』は様々なモノがあります。

今回注目するのは『絶対反対キン』

1人の方にとって、260タイプある中で1つしかないタイプ。

『顕在意識 』『潜在意識』ともに正反対の反対キンで、且つ、能力を表す『音』が同じタイプの事を言います。

マヤでは『絶対反対キン』との出会いは、新たなチャンスの到来、または世界が広がる時とされています。

多くの方にとってはカルチャーショックのような出会いではないかと思います。
人によっては強く嫌悪感を抱いたりする事も。

しかし、この出会いでとても良い経験を得る事が出来ます。

というのは、不思議な事に自分の『行動』を相手を通して客観的に見る事が出来るのデス。

価値観や性質などが正反対の『反対キン』で尚且つ同じ『行動』を取るお相手は、言うなれば鏡の向こうの存在。

向かい合った時、あなたとは違うタイミング、違う意味合いで、普段あなたが取っている行動に直ぐに気が付くでしょう。

価値観が正反対な為、互いに理解し合うのが難しい相性のせいか、

『なに、この人。タイミング悪い。』とか、
『ちょっと、空気読めてないんじゃない?』

などと、ともすれば悪い印象を持つかもしれませんが、
場面や立場が変われば、あなたが実際に取っている行動。

『人のふり見て我がふり直せ』

もし嫌な気分になっても、しっかりと受け止めてください。
そして、ご自身を見つめ直す良いきっかけにして頂きたいと思います。

『絶対反対キン』ではなくても、同じ『音』を持ち、顕在意識、潜在意識どちらかでも反対キンにあたる人と行動を共にすると、それに似た体験が出来ると思います。

意識的に相手の行動を知りたい時は、ゲームで対決するのがオススメ。

特に、体を使うアナログなゲーム。
例えば、ビリヤードや卓球、ゴルフなど。 

楽しみながら、自己観察する事が出来るでしょう。

ただし、お互いに熱くなり過ぎないように。

LoveLove&Peace

2013年5月16日木曜日

恵み

 「いただきます!!」

斜面の中腹で大きな声が聞こえた。

北海道の南部、日高山脈の麓。

今も多くのアイヌ民族が暮らす二風谷の山は今、春の恵みに溢れていた。

私たちにアイヌの暮らしを教えてくれるアシリ レラさんに連れられ、春の代表的な山菜、『行者ニンニク』、北海道では通称『アイヌネギ』収穫の為に山に登った。

登山を趣味にしている友人は、毎年のようにこの二風谷に来ていた。

彼女は「食べるという事は命を頂くのだ」という事をよく理解していた。

彼女の「いただきます」の言葉は、山の神に届いただろう。



斜面には沢山『アイヌネギ』が生えていた。

命に感謝している彼女に、カムイが応えてくれたに違いない。

私たちは、今までにない位、多くの収穫を得た。






山から頂いたうち、1/3を翌日の『カムイノミ』というアイヌの神事で神々と先祖に感謝と祈りを捧げる儀式に供える事にした。

『カムイノミ』で食べ物を供物として捧げる事は、実りへの感謝を表す。

これも、レラさんに教わった事。


『アイヌネギ』は急斜面に多く生息している為、収穫は時として危険をともなう。

が、通常ではお目にかかる事のない、自然の営み直面出来る事が多い。

この斜面では、土からしみ出た水が苔をつたって一滴一滴、岩をに落ち、下に流れていった。

自然の中では極当たり前の光景。

だが、コンクリートに囲まれた都会では決して見かける事はない。

都会に住む私たちは、この静かに流れ落ちる雫がやがて川となり、そこから生を得ている。

山は様々な恵みを今も与え続けている。


この大いなる恵みに感謝。


LoveLove&Peace



2013年5月6日月曜日

エネルギーの宿る先

マヤ暦占いにおいて、個人のパーソナリティを診断する上で特徴的なのが、
『意識』と『能力』を分けてお伝えしている点ではないかと思います。

古代マヤ人は、神々らかの影響、つまり宇宙や大地から寄せられるエネルギーは心と体にそれぞれ別々に宿ると考えていました。

以前も簡単に触れた事がありますが(参照:マヤの神々には気分があった)、
毎日20の神が入れ替わり、その日のエネルギーを司っていると考えていたマヤの民。
その神々の持つエネルギーを伝える波動を、彼らは『神の気分』と捉えていました。
故に、同じ神の宿る日でも、その気分が違えば様子が変わってくると理解していたのデス。

神のエネルギーは地上に、その物の『形』、『性質』として宿ります。
そして波動は、その物の『動作』として宿ります。

『性質』とは、その物のあり方。つまり私たち人間にとってそれが宿る先は『心』の部分にあたり、
『動作』が宿る先は『体』、もしくは体の動きを司る『脳』の部分にあたります。

古代から、『心』と『体』は別の作りであると彼らは理解していたのデスね。

その為、私たちマヤ暦占い師も皆様にそれらを分けた形でお伝えしています。

『心』に宿ったエネルギーは『意識』(顕在意識、潜在意識など)として20の紋章で表し、
『体』もしくは『脳』に宿った波動は『能力』として13種類の音の名で表しています。

以前にマヤ暦占いをお受けになられた方は、これらを踏まえて再度診断書をお読みくださると、いっそう深く内容を感じ取って頂けるのではないかと思います。

また、これからマヤ暦占いを受けようとお考えの方も、これらを参考になさるとより理解度が深まるのではないかと思います。

私たちが致しておりますマヤ暦占いが、皆様の日々の生活にお役に立てる事を願います。


LoveLove&Peace



2013年5月3日金曜日

幸せな結婚

春だというのに寒い日が続いておりますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

八十八夜も過ぎまして、来月は6月。

6月と言えば、『ジューンブライド』デスね。


相性診断もさせて頂いてる関係上、女性のご相談者様から良く質問される事があります。

「この人と一緒にいて幸せになれますか?」

マヤ暦占いでは、お相手の個性や互いに惹かれあう性質などを見るので、お幸せになれるかどうかの返答は正直出来かねます。

そんな時、以前、俳優の西田敏行さんがされたというお話をさせて頂きます。

「『この人と一緒になれば幸せになれる』と思っても、そうなると限らないけど、
『この人となら苦労出来る』と思った時点で、あなたはきっと幸せでしょう?」

このお話をした後、みなさんとても素敵な笑顔になられます。

きっとその時、大切な方の事を思い浮かべて何かを決意なさってるのでしょうね。


LoveLove&Peace


2013年4月9日火曜日

語りかけてくるもの

人の営みは何故、繁栄と衰退を繰り返すのか?

マヤの暦を読み解きながら、感じる疑問。

これ程の正確な暦と叡智を授かりながらにして尚、文明は塵となり、土と化した。
その叡智や信仰を伝える者は極僅かである。

マヤの暦は実に見事に時の流れを捉えていたと思う。
長い長い年月をかけ、周期は幾ばくの含みを持ち、全て均一ではなく、それらが『ずれ』となる事を知り、それさえも新たな暦を生むきっかけとなり、多くの暦を残した。

この地上に降り注ぐ力を読み解き、健やかな時を過ごす為に編成された暦を元に、人々は豊かな暮らしを送ったに違いない。

だが、いつの日か、その営みは与えられたのではなく自ずから創り出したという錯覚にかられたのではなかろうか?

その変移は遺跡を読み解いている人々からの言葉で窺い知る事が出来る。

古に偉大なる発見をした民は、この世に数多ある出来事全てを知り尽くたかのように振る舞い、己の意を神の意と重ね合わせてしまったのではなかろうか?

それはきっと大いなる思い違いであったのだろう。

どんなに賢くても、この広い宇宙の営みを説明つける事は到底難しい事であろうし、塵の一粒すら何もない所から創り出せる者はいないに等しく、この世に生けるモノはこの世を創り上げた力に比べれば無力であると思う。

何もかもが与えられている事。

その事を受け入れられなくなった時、支配していると思っていた者の思惑が外れていったのではないのか?

衰退が良くない事であるとは言い切れない。

ただ、その流れを作ってしまったのは驕りであったとしたら、悲しい。

驕りは史上には残らないであろう。

しかし、長い過去の出来事を多く知るようになった今、私達の生活を振り返る事に役立てる事も大切なのではないか?と思うのである。

文字や遺跡は私達にそう語りかけているのではないだろうか?

LoveLove&Peace

2013年3月11日月曜日

今日という日の終わりに

14:46。

目を閉じた。

暫くして再び空を見上げた。

去年も、一昨年も、同じように柔らかい日の光と青空があった。


今夜改めて、心より亡くなられた皆様のご冥福を祈ります。

そして、少しでも早く被災を受けたみなさんが当たり前の日常を過ごせる事を願います。


LoveLove&Peace

2013年3月8日金曜日

粗末にしないで

4.5年前、交差点で自転車とタクシーの事故に遭遇した事があります。

後にわかった事でしたが、自転車側の信号は赤でした。

一旦は呼吸が止まりましたが、その場に居合わせた人達の決死の介護によってか、息を吹き返しました。

一目で家庭を持ってるとわかるスーツの男性。

急いでいたのでしょうか?
過信していたのでしょうか?

車を運転している時は誰もがしっかりと信号を守るのに、どうしてそうじゃない時は守らないのでしょう?

普段言葉にはしなくても、無事を信じてる人はいるのに。

たったひとつのかけがえの無い命。

どうか大切にして欲しいと思います。

LoveLove&Peace



2013年2月26日火曜日

宇宙人

澄んだ大気の中にいる時、月や星々との距離が近くに感じて宇宙の中にいるような気分になる事がある。

今のような、夜でもきらびやかに過ごせる時代とは全く違う時、その感覚はもっと身近なものだったのではないだろうか?

地球以外にも生物が生息していると仮定して、我々はそれらを宇宙人と呼ぶ事があるが、その呼び名は私達地球人にも当てはまる筈だろう。

我々の先祖はどうやって生まれ、どこから来たのか、私には定かではない。

もしかしたら、地球以外のどこかで生まれ、この星にやって来たかもしれない。

例えそうであっても、そうでなかったとしても、その昔、この星に住んでいた人々は宇宙を身近に感じ、この宇宙に住む民として共存していたのではないかと思うようになった。

現代の常識では考えられないような事は、今も度々起こってるだろう。

しかしながら、思考を宇宙まで広げた時、そのような出来事に遭遇したとして、それは特別な事ではないかもしれない。

LoveLove&Peace



2013年2月22日金曜日

素で振り合うも他生の縁

JRがようやく動き出したようデスね。

私は友人のお陰で帰宅する事が出来ました。

運転見合わせと知って、駅まで送ってくれた別れた友人に直ぐに

「お願い、助けて!」

と電話。

彼女は直ぐに駆けつけてくれて、駅の中を覗きこんで

「ねぇ、あの人達は大丈夫なの?国道沿いなら乗せてあげた方がイイんじゃない?」

と一言。

彼女の事だから、きっとそう言うとは思ってましたが、本人の口からその言葉を実際に聞いて、改めて彼女の素晴らしさを実感。

こんな素敵な女性だから、周囲の人達もお客様も素敵な笑顔に出来るんデスよね。

素敵な友人との出会いに感謝!

LoveLove&Peace

2013年2月13日水曜日

終わりと始まり

時とはなんだ?

こんなふとした疑問が頭をよぎったりする事がある。

何十億年も続く時間の中で、ほんの少しの間しか、この次元に滞在していない私にとって、永遠に解ける筈もないのに、悶々と考え続けたりする時がある。

アインシュタインの相対性理論の概論を始めて読んだ時、体中から何だかわからないエネルギーが外に向って弾け飛んだ感覚を得た。宇宙の中に飛び出したような気がした。

そこには、空間と存在、そして時間について書かれていた。

科学者が放つ論理は難しく、且つ、私の生活から遠くかけ離れている為か、その言葉は非現実的。
だけど、そこにはファンタジーと同じだけのワクワクする何かが確かにあった。

寒さが厳しいこの時期は、特にそんな事を思い出す。

地表の空気まで凍りつかせる位に冷え込んだ夜。
遮る物が全て取り除かれたように、星の輝きが大きくはっきりと見える。

宇宙を感じる瞬間。

時が止まったような感覚が私を包む。

アインシュタインはそれも『相対性』であると説いた。

その事を思い出し、また時について考えてみる。


明日からまた新しいサイクルの始まりデス。

これからの260日間をみなさんはどんな風に過ごされますか?

健やかで、楽しい日々が続く事をお祈りします。


LoveLove&Peace

2013年1月31日木曜日

犠牲と奉仕

同じ行動をしていても気持ち次第でその行為の意味は大きく変わる。


例えば犠牲と奉仕。

どちらも誰かの為にする行為。


「私がやらなきゃ誰もしないんだから。」
「あなたの為にやって上げてるんだから。」

なんて思いながら行動するのと、

「誰かがやらなければならないのだから、私がやろう。」
「喜んでくれるのが嬉しいから、自分の為なんだ。」

思いながら行動するの。


あなたはどんな思いで行動するのがイイデスか?


LoveLove&Peace