2012年8月31日金曜日

『ごめんなさい』は魔法の言葉

「ごめんなさい」と素直に言われたら、許してしまおうって気持ちになりませんか?


「ありがとう」癒しの言葉。

そして「ごめんなさい」は魔法の言葉。


何かが上手くいかないと感じる時、不満に思う時、同じように周りの人も感じてるものデス。

そのお互いの不安を解消出来る魔法の言葉。


どんなに時間がかかっても、必ず相手に届くはず。

『ごめんなさい』は魔法の言葉。

私はそう信じています。


LoveLove&Peace

2012年8月17日金曜日

パズル

ダヴィンチは、単純な数字遊びから黄金比へと辿り着いたのだろう。
空を見上げ大地が動いている事に気がついた時、人体の機能は宇宙の動きと関連していると悟った。

同じ頃、海を隔てた山間の地で、同じ空を見上げ暦を作り上げた民は栄華を極め、空の動きから知りえた黄金比を用いたピラミッドを造り、それを天と地を結ぶシンボルとし、宇宙に散りばめられた神のイディアを知る事で、大地と生命の神秘の謎と法則をひもといた。

そしてその中心に、真の美を見出したであろう。

それは神々の記憶のパズル。

私達に伝えるメッセージ。




2012年8月9日木曜日

答え

もし、答えを見つける為にマヤ暦占いをご所望されるなら、残念ながらご依頼をお断りしなければなりません。

申し訳ありませんが、私どもは、答えを見つける事は出来ません。


なぜなら、答えは既にあなたの中にあるのデスから。

気付いてなかったのは、その答えが眠っているから。


デスからマヤ暦占いは、答え合わせか目覚まし程度にご利用ください。

LoveLove&Peace





2012年8月6日月曜日

暑中お見舞い申し上げます

みなさま、暑中お見舞い申し上げます。

土用は今日まで。

暑い日々が続いていますが、みなさんはいかがお過ごしデスか?

今年はいっそう節電の夏。

皆さまにはくれぐれもご慈愛頂きたいと思います。

さて、過去に熱中症でぶっ倒れた経験のある私から、僭越ながら熱中症や夏バテ予防の豆知識を。


暑いと人体は発汗する事で、体温を下げます。

汗の中には水溶性のミネラルやビタミンが含まれていますから、当然補給しなくちゃいけません。

ビタミンやミネラルは、体の機能を助ける物質デス。互いに協力し合って人体を支えます。

それらが不足すると、代謝や回復機能が下がり、疲れやすさを感じ、体力維持が出来なくなり、各症状が進行し、そのままにしていると死に至る事もあります。

怖いデスねぇ。

こんな症状に気を付けましょう。

  • 何となくだるい。
  • 舌に違和感がある(膜が張ったような感覚で、塩分を感じにくい)。
  • 下痢っぽい。
  • 体が常に熱っている。
  • 頭痛がする。
  • 吐き気がする。
これらを感じるようであれば、この時期、熱中症の疑いがあります。

頭痛や吐き気を感じる時は、疲れてるだけと過信せず、病院で診察を受け、点滴等の処置をうけるのがイイと思います。


予防には、先ず栄養が一番!!

汗には塩分が多く含まれていますから、特に塩分の補給が肝心デス。
舌に違和感があれば、塩分不足の可能性は大!酷い時には塩を直接舐めてもしょっぱさを感じません。クーラーもなかった時代に、塩を舐めたという話は本当だったんデスねぇ。
私の経験上、ナトリウムが十分に補給されると、舌の感覚も不思議と基に戻ります。体はうまい事出来てます。

ビタミン、ナトリウム以外のミネラルも補給する事が大切デス。
これらは単体では吸収されにくいモノが多く、サプリメントで補う場合は、食事と一緒にマルチビタミン、マルチミネラルといったバランスのとれたモノを摂るとイイと思います。

更に、体を作るたんぱく質や、お助けマンのアミノ酸摂取。
お肉や魚介類等に多く含まれていますから、バランスの良い食生活が肝心デス。

そして実は大切なのが代謝を高める為の適度な『運動』と十分な『睡眠』。
日が長く、つい夜更かしをしてしまいがちデスが、しっかりと体を休める事も大切デス。


ところで、ことわざの『鬼のかくらん』ってご存知デスか?

普段丈夫な人が病気になる事を言うのデスが、江戸時代には夏に嘔吐や下痢をする病の事を『霍乱(かくらん)』と言ったそうデス。

その予防法は古くからあり、例えば、『梅干し』。
塩分とクエン酸がたっぷり。おにぎりや野菜、お魚など様々な食べ物と合います。

それから『甘酒』。実は俳句で夏の季語なのをご存知デスか?甘酒は麹を原料としていますから、アミノ酸も多く、言わば昔の栄養ドリンクだったんデスね。

旬の食べ物には、この時期必要な栄養素が沢山入っているモノが多く、昔ながらの『シソ巻き』や『茄子お味噌汁』、『冬瓜の煮つけ』、『きゅうりの冷汁』などのメニューは最高デス。

他には、暑い国で良く食べられるカレーなどのスパイス料理。
ウコンやコリアンダーなどのスパイスは、夏バテで弱った内臓を助ける働きがあるモノが沢山あります。
豚肉や旬の野菜やシーフードなどを使ったカレーなんかオススメデス。


因みに、汗をかいた時、水ばかり飲まれるとかえって脱水症状を引き起こしてしまいます。
かといって、市販のスポーツドリンクは糖度が高いので飲み過ぎに注意。バランスの良い補給が大切デス。

柑橘系やお酢等も疲労回復に効果的デスが、クエン酸等は胃を弱める事があるので注意してください。

ビールが美味しいこの季節デスが、熱中症は肝臓や腎臓にダメージを与える事も。深夜まで飲むと寝不足の原因にもなるので、羽目をはずす時は計画的に。



まだまだ、夏真っ盛り!

体の調子が下がると、気持ちもネガティブになりがち。

元気な体で暑い夏を楽しんでください。

LoveLove&Peace

2012年8月5日日曜日

弱いから

弱いから、逃げたくなるんじゃないかな?

弱いから、何かに頼りたくなるんじゃないかな?

弱いから、傷つくんじゃないかな?

弱いから、強くなろうとするんじゃないかな?

弱いから、努力するんじゃないかな?

弱いから、賢くなれるんじゃないかな?

弱いから、分かり合えるんじゃないかな?

弱いから、支え合えるんじゃないかな?

だから強くなれるんじゃないかな?

始めから強い人なんて、いないんじゃないかな?

LoveLove&Peace


2012年8月1日水曜日

キムン

二風谷のレラさんから預かる事になり、彼がうちに来てから2ヶ月程たった。

彼の名はキムン。

3歳。(たぶん)

ミックス。(たぶん)

30キロ。(たぶん。それより重くない事を祈る)

よく食べる。(5kg/週)

よく飲む。(3L/日)

よく歩く。(散歩1時間/日)


ラブラドールレトリバーの特性か、甘え方が半端ない。

体当たりで抱きついてくる。

単体でいるのを嫌がり、少しでも離れたら突進してくる。

寝る時も私から離れない。

出掛ける時は悲鳴の様な声を上げる。

初日はとても困った。

しかし、ある先生の言葉を思い出した。

彼女が飼っている犬もキムンに劣らず甘えん坊だった。

そして彼女は飼い犬を溺愛していた。

そんな彼女外出は惜別の時間。

彼女は、泣いて止まない息子同然の犬に向かって、毎朝涙を堪えてこう言うのだそうな。

「いい?私は人間としての役目を果たす為にお仕事に行って来るから、あなたは犬としての役目をしっかりと果たしてお留守番をしてね。」

すると彼は吠えるのを止め、静かに見送ってくれるという。

早速実践。

すると効果は抜群。さすが大学教授。

しかしながら、私にとっては些かの問題が。

というのはこの呪文、唱える為にはしっかりと目を見つめあってしなければならない。

置いていかれる!という恐怖の中、動揺しきっているキムンを落ち着かせ、しっかりと言い聞かせるのに4~5分はかかってしまう。

外出前の忙しい時間に、かなりの手間なのである。

この子が何故私の元に来る運命を握ったのかは不明だが、

わがまま放題のデカイ犬を預かる事になったのは、この歳までわがままに生きて家庭をも作る事なく過ごしてきた私への何らかの罰であろうと推測した。

更にこの子が可愛くなり、家族を持たなかった事を後悔し始めたとしたら、その効果は絶大なものである。

LoveLovePeace