2010年12月31日金曜日

マヤの神々には気分があった

前回、マヤ文明では20の神様が毎日入れ替わり、その日のエネルギーを司っていたと考えられていた事をお伝えしました。
その神様たちはそれぞれ異なったエネルギーを持っているのデスが、彼らにはそれぞれ『気分』がありました。

面白いデスね。私がマヤ暦に惹かれたポイントの1つデス。

『気分』には『波』があります。その波はパルスとなって私達生命に『運動エネルギー』としてもたらされると考えられていました。
そのエネルギーは13種類。

マヤ暦占いで使用される『ツォルキン暦』は20の神様と13パターンの気分の入れ替わりを260日のカレンダーにしたものデス。

マヤ文明でカレンダーは17~19種類使われていたと現代の学者は言っています。
『ツォルキン暦』は主に神事、自然と精神の結びつきにまつわるあらゆる出来事を司る為に使用されていました。
そして、新しく生まれた子供の宿命と運命を読み取る道具としても利用されていました。
『マヤ暦占い』はその当時の叡智を利用し、現在風にアレンジしたものデス。

この占いでお伝えしている事は、みなさんの生まれ持ったパーソナリティー(感じ方、考え方、得意分野など)、毎年のエネルギーの移り変わり(現在の状況)、相性、そして毎日のエネルギーの影響による予測デス。
これらを組み合わせて恋愛やお仕事、対人関係などのご相談を伺っております。
何かの拍子に「占いでもしてみようかな?」と思いつかれましたら、どうぞ是非『マヤ暦占い』をお試しください。


今日は2010年の大みそか。
みなさんにとってはどんな年でしたでしょうか?
来年も素敵な年になります事をお祈りいたします。

2010年12月16日木曜日

マヤ暦占いは、メキシコから

マヤ文明は遥か昔、現代のメキシコ地方で栄えました。
同じ頃に地球上で栄えた文明の中では、特出して不毛な土地にあったと言えるでしょう。
先人達は空を見上げ、人々が健やかに過ごせるようにと星に願いを込めました。
神々を讃え、日々の恵みに感謝し、共に歩むことを喜び合う。
その為に、沢山の星を観察したマヤの人々は、星の動きを元にマヤ暦を作り上げたのデス。
マヤの人々は、毎日20人の神様が入れ替わり、その日のエネルギーを司っていると考えていました。
そして人は生まれて来る時に、その日の神様のエネルギーを受け継ぎ、魂に刻むと言われておりました。


「なぜ、こう思うのか?」
「なぜ、こうしたいのか?」
「なぜ、出会うのか?」
「なぜ、惹かれるのか?」


時折私達の胸の奥から、こんな言葉が沸き出す事があるでしょう。
それは、私達の魂に刻み込まれたエネルギーが何かを言い始めた表れなのデス。


ですから、どうかその気持ちを大切にしてください。
そしてその言葉が沸いてくるその心の小箱のふたを開けてみてください。


あなたの心に宿る「思い」や「願い」は、生まれて来る時に最初にもらう『ギフト』。



『マヤ暦占い』とは、マヤ暦の基づいて、あなたの心の『ギフト』の箱を開ける為のツールです。

2010年12月11日土曜日

はじめまして!

初めてお目にかかります。
マヤ暦占い師のラブファイターちー坊デス!
極寒の地、北海道で人々の温もりに触れながら、占い師として活動してます。
北海道は寒い土地だけど中身はあったかい人が多いんデス。


この頃は様々な社会的問題に触れる機会も増え、色々と考えさせられる事も多々ありますが、
少しでもみなさんのお役に立てるように頑張ります!


マヤ暦の事、占いの事、そして日常で感じた事などをアップしていきます。
どうぞ宜しくお願いします。